mail
メール
こちらから

訪問看護ステーションに、ベテラン看護師の秋山が加わりました!

「ともに」について20/07/21

こんにちは!ともに管理者の藤原です。

新しいスタッフを続々とご紹介していますが、7月は訪問看護ステーションでも新しいスタッフを迎えました。

今回は腹膜人工透析に長く関わってきた、看護師の秋山(あきやま)をご紹介します。

病院から訪問看護ステーションへ

ともにで働き始めて2週間。

「前からいなかった?」と言いたくなるほどなじんでいる秋山と、管理者の藤原が話しました。

ヘルパーステーション管理者藤原(以下、藤原):
ずっと「いい看護師さんがいる」と聞いていて、やっと来てもらえました!

秋山:ありがとうございます、プレッシャーを感じますね(笑)。ともにのケアマネジャーの岡田さんとお仕事をしたことがあり、声をかけていただきました。

藤原:病院から訪問看護に変わって、大変なことはありますか?

秋山:病院では患者さまと一対一ですが、訪問看護ではご家族や、ときには近隣の方への配慮も必要だと感じています。

藤原:たくさんの方と関わるのは、訪問ならではですね。

人と人とのつながりを大切にしたサービスを

藤原:ともにの印象はどうですか?

秋山:とてもアットホームですね。入社前からいいスタッフが揃っているという評判は聞いていて、実際その通りでした。

藤原:訪問看護の看護師さんだけでなく、ヘルパーやケアマネジャー、OTさんやPTさんともすぐ仲良くなりましたよね。

秋山:「おーい」と呼んだら、誰かが「はーい」と答えてくれるあたたかさと、心強さを感じています。

藤原:同じ利用者さまを担当することもある仲間として、いいサービスを提供しやすくなりますね。

秋山:看護も介護も利用者さまをはじめ、様々な人と関わる仕事です。それぞれが専門性を高めながら、つながりを大切に、信頼関係を深められたらと思っています。

看護師としての長いキャリアがあっても、「訪問看護はゼロからスタートするつもりでがんばっていきたい!」と秋山。

明るい人柄に、ともにのみんながパワーをもらっています!

 

カテゴリー

タグ

Contact

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

「ともに」に問い合わせる

086-250-7810

(居宅介護支援)

086-250-5255

(訪問介護)

086-250-0015

(訪問看護)