mail
メール
こちらから

ともに訪問介護ステーション、サービス提供責任者の赤﨑を紹介します!

「ともに」について22/02/28

こんにちは!ともに管理者の藤原です。

ともに訪問介護ステーションには昨年10月1日から新たに、サービス提供責任者(以下、サ責)の赤﨑(あかさき)が加わりました。

現場でバリバリ仕事をこなすヘルパーが多かったともににとって、赤﨑はヘルパーの仕事をスムーズにしてくれる新しい存在。

今回はサ責を専門に介護に携わってきた、期待の仲間を紹介します!

サービス提供責任者として、新しい風をともにに

藤原:赤﨑さんは現場ではなく、サ責を専門にされてきたんですね。

赤﨑:そうです。今は現場にも出ていますが、もともとはヘルパー経験なしで訪問介護の世界に入り、サ責としての仕事に専念してきました。

藤原:ともにでのサ責はこれまで私が兼任してきたんですが、ヘルパーが訪問介護をしながらサ責の業務も担っていることが多いですよね。「サ責」の仕事ってどう説明したらいいでしょう?

赤﨑:サ責の仕事は、新規の依頼があったときにヘルパーを調整して、利用者さまの希望に叶う人や時間を派遣すること、ケアマネジャーが提案したプランが実情に合っているかを考えて、食い違いがあったら修正していくことですね。

藤原:ケアマネジャーの仕事に似ていますが、よりヘルパーに近い目線でサービスを考える立場なんですね。

赤﨑:利用者さまが困っていることや、実はもっとできることなどを時には実際の介護に携わりながら見極めていく仕事なんです。

藤原:ヘルパーに対する考え方も、ケアマネジャーとは違うと感じました。ヘルパーの仕事をスムーズにする存在ですね。

ヘルパーと利用者さまは、マッチング次第で思いがけない変化も

藤原:サ責の仕事をしていて、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

赤﨑:私たちの仕事は環境が整ってくると生きてくると思っていて。まずはヘルパーひとり一人を理解して、それから利用者さまを知って、どんなヘルパーなら利用者さまのその人らしさを引き出せるかを考えていくことが結果につながります

藤原:利用者さまとヘルパーの相性って大切ですよね。

赤﨑:そうなんですよね。どんなに高い能力があるヘルパーでも合わない利用者さまはいるし、反対に一人の利用者さまと合わなくても、他の利用者さまとなら息ぴったり、というヘルパーもいるから、そこをどう合わせていくかが私たちの仕事の醍醐味でもあって。

藤原:いい化学反応が起こると、これまでできなかったことができるようになったり、気持ちが前向きになったりすることがありますからね。

赤﨑:そうなんですよ。「いいヘルパーさん呼んでくれてありがとう」って言ってもらえたらうれしいですね。

藤原:その点、ともには安心して利用者さまとマッチングできるヘルパーが揃っていますから。

赤﨑:はい、ともにではいろいろ困ることがあっても誰かが手を差し伸べてくれて、「一人じゃない」という安心感の中で仕事ができています。これからはもっとヘルパーと信頼関係を強くして、いいサービスを提供したいと思っています。

藤原:新しい風が吹いて、これからがますます楽しみですね。みんなで協力してサービスを良くしていきましょう!

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

ともにでは利用者さまに寄り添い、
日々の暮らしをあたたかく支える
訪問介護・訪問看護・居宅介護サービスを
提供しています。

カテゴリー

タグ

Contact

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

「ともに」に問い合わせる

086-250-7810

(居宅介護支援)

086-250-5255

(訪問介護)

086-250-0015

(訪問看護)