mail
メール
こちらから

ともに訪問看護ステーション、事務の松田を紹介します!

「ともに」について21/02/15

朝晩はまだ冷え込みますが、日中は太陽の光がまぶしくなってきました。

「春はもうそこまで来てる!!」と信じて、ともにのスタッフは毎日元気に訪問に向かっています。

今回は2020年9月からともにの仲間になった、訪問看護の事務を担当する松田を紹介します。

ともに初!事務の専門スタッフを迎えました

藤原(ともに管理者):訪問看護では待望の事務スタッフを迎えました。普段はどんな仕事をしているか教えてください。

松田:外部から送られてきた書類の処理や請求書の作成、管理者が報告書を作成する際のサポートなどです。あとは電話対応など、細々した業務を担当しています。

三島(訪問看護管理者):僕が管理者をつとめながら訪問看護も担当しているので、外部から連絡があっても常に対応できる状態ではないんです。松田さんが内容を伝えてくれるので、とても助かっていますね。

藤原:訪問看護スタッフにとってはありがたい存在ですね。松田さんがともにに入社したきっかけは何だったんでしょう?

松田:「医療事務の知識をいかせる」と知人に紹介してもらったのですが、面接でお話しした感じがとてもよかったんです。

藤原・三島:私たちですね。照れますね(笑)

松田:まだ子どもも小さいので、ここなら育児と両立できると思ったことも決め手になりました。

たった一人の事務スタッフ。心細さはありませんか?

管理者の三島と。「ともに」のTポーズ♪

藤原:ステーションに一人になることは滅多にないと思いますが、訪問看護スタッフはいなくなってしまうことがありますよね。心細くないですか?

松田:まだすべてを完璧にこなせるわけではないので、聞かなければわからないことは時々あります。ただメッセージを送っておけば誰かが必ず返信してくれますし、私がしっかりすればみんなの役に立てるので、早くすべてを任せてもらえるようにがんばろうと思っています。

三島:松田さんがステーションにいるので、訪問看護中に「戻ったらあの書類片づけなければ」といったことを考える必要がなくなりました。患者さまとの時間に集中できるのがすごくいいんですよね。

松田:看護師さんだけでなく、ヘルパーさんやケアマネジャーさんたちも声をかけてくれるので、休憩時間のおしゃべりがとても楽しいんです。

藤原:「松田さんがそこにいると思わなかった!」というくらいとけ込んでいますよね。
利用者さまやご家族の皆さんに直接お会いすることはなくても、ともにのサービスを支える一人として、これからも一緒にがんばりましょう!

 

ともにでは利用者さまに寄り添い、日々の暮らしをあたたかく支える訪問介護・訪問看護・居宅介護サービスを提供しています。

ともにのホームページトップへ

 

 

カテゴリー

タグ

Contact

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

「ともに」に問い合わせる

086-250-7810

(居宅介護支援)

086-250-5255

(訪問介護)

086-250-0015

(訪問看護)